« 将来性のある会社に投資&FX | メイン

外国為替の基礎(FX)

今日本は空前の低金利時代です。この最悪の景気から逃れるためには、外国為替に強くなって、外貨を獲得する方法が、唯一の逃げ道となるでしょう。。。

では、手始めに為替の基本事項を説明します。

世界の国々は、自国の通貨を持っています。アメリカなら米ドル、オーストラリアなら豪ドル、スイスならフラン、イギリスなら英ポンド、南アフリカならランド・・・。

当たり前の話しですが、自分の国で物を買うときには、自国の通貨を使って支払いを行います。
では、自国以外の外国で商品を購入する場合はどういうふうに行われるのでしょう?

○ 自分の国の通貨で支払う
○ 相手の国の通貨で支払う
○ 広く国際的に使われている通貨で支払う(ドルやユーロ)

相手の国の通貨やドル・ユーロで支払う場合には、まず、その通貨を手に入れることからはじまります。
この通貨同士の交換が外国為替ということになります。。。簡単ですね!

そして、この時にお互いの通貨を交換するための比率こそが『通貨の交換レート』すなわち『為替レート』ということになります。

つまり、外国為替は「異なった通貨の売買(交換)を行うこと」をいい、このときの交換比率のことを「外国為替レート」と呼びます。

今流行の外貨証拠金取引(FX)は、外貨預金より、外貨MMFよりも資金効率が良く、リターンも大きいのが特徴です。対円通貨以外にも、外国感動詞の通貨ペアも売買が可能ですから、まずはこの仕組みをしっかりインプットすることが大切です。

FX業者を選ぶ際には、十分な比較を行った上で、自分の投資スタイルにあった業者を選ぶことが大切です。

About

2008年03月28日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「将来性のある会社に投資&FX」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35